1. ホーム
  2. ダイニング&バー
  3. 昼食・夕食

Lunch & Dinner"Dining19"、そのすべてを
スペシャルと言う

料理がスペシャル、サービスがスペシャル、
ソムリエがスペシャル

The Speciality Restaurant Dining19

RIHGA's Roast Beefきっと忘れないリーガのロービー。
リーガのローストビーフは
ここがスペシャル!

肉選びから勝負を掛ける

ローストビーフは、肉の塊を低温でじっくりと焼き上げて、赤身の中に肉の旨味を凝縮。その肉の旨味が最も出ると言われている「アンガス牛」をリーガでは使用しています。「ローストビーフとして食べる肉は、肉本来の味が美味しくないといけない。そして、お客様には常に高品質で安全な肉を提供しなければならない。」味を知り尽くしたシェフが一番美味いと感じる肉、それが「アンガス牛」だったのです。

  • 肉選びから勝負を掛ける
  • 肉選びから勝負を掛ける
  • 肉選びから勝負を掛ける

下味を付けることに、めいっぱいの愛情を注ぐ

肉料理は下味が重要。肉の旨味を活かすも殺すも下味しだい。リーガのロービーは、下味を付ける作業も念入りに、手間暇かけて行います。厳選された塩、コショウが降り注がれた瞬間、アンガス牛に新たな旨味が宿ります。シェフの手によって醸成された旨味が閉じ込められた肉の塊は、この後、ローストビーフへと変化を遂げるのです。

  • 下味を付けることに、めいっぱいの愛情を注ぐ
  • 下味を付けることに、めいっぱいの愛情を注ぐ
  • 下味を付けることに、めいっぱいの愛情を注ぐ

フライパンに魂を込める

低温のオーブンでじっくりと時間をかけて火を通した後は、高温のフライパンでサッと焼き上げる。
手間暇かけて調理することで、肉の余分な脂を落ち、脂が苦手な人でも不思議なくらい脂身まで美味しく食べられるローストビーフに。寸分の狂いもない火加減とコンマ1秒の違いが命取り。この一瞬に一日の全神経を集中させます。それが、県内でも1,2を誇る自慢のローストビーフの理由です。

  • フライパンに魂を込める
  • フライパンに魂を込める
  • フライパンに魂を込める

肉の厚さは1㎜のズレさえ許さない

このローストビーフステーキと言っても過言ではない厚さには理由があります。それは、厚切りにすることで肉本来の味(旨味)が楽しめること。リーガのロービーは、口に入れて噛みしめた瞬間に肉の旨味がダイレクトに感じられる、絶妙な厚さに切っています。ローストビーフはとてもシンプルな料理です。そのため、肉の旨味をいかに上手く引き出すかが重要で、切り分ける厚さにも徹底的にこだわりました。そして、アンガス牛そのものも、厚切りに適した牛肉なんです。

  • 肉の厚さは1㎜のズレさえ許さない
  • 肉の厚さは1㎜のズレさえ許さない

真心こめてソースを作る

ローストビーフにとって最も重要なもの・・それは「ソース」です。リーガのロービーを引き立てるのは、秘伝のレシピによる〝赤ワインソース″。これまでじっくりと調理し続けて完成したローストビーフに赤ワインの大人の味わいが最後の華を添えます。赤ワインソースと厚く切ったローストビーフが口の中で絡み合うことで、肉の旨味を十分に堪能できます。違った味でも楽しめるように、ベアルネーズ(フランス伝統のステーキソース)、レフォール(西洋ワサビ)、ワサビソース、粒マスタード4つのコンディメントをご用意しております。

  • 真心こめてソースを作る
  • 真心こめてソースを作る

最後の盛り付けに命を懸ける

ローストビーフは、見た目も重要。味は当然ながら、リーガのロービーは見た目も鮮やか、そして繊細です。本場パリでも調理経験のあるフレンチシェフ木村総料理長が皿の上で創り出すローストビーフを中心に取り巻く色鮮やかな世界。この一皿の芸術は、ナイフを入れる前にまずは一呼吸。是非目で楽しんでいただき、その後ゆっくりとお召し上がりください。

  • 最後の盛り付けに命を懸ける
  • 最後の盛り付けに命を懸ける

総料理長 木村 健太 
Executive Chef Kenta Kimura

プロフィール

1995年ホテル日航関西空港入社 ホテル開業に携わる
ニッコー・ド・パリ、デュシタニマニラ、JALプライベートリゾートオクマ(現 オクマプライベートビーチ&リゾート)等、国内外のJALグループホテルにて活躍
2010年ノボテルパリトゥールエッフェルにシェフとして出向。世界的なVIPへも腕をふるう
2013年ホテル日航関西空港 洋食調理ヘッドシェフ就任
2015年ケン不動産リース株式会社 プレミアホテルグループ 入社
ホテルトアロード神戸(現 神戸トアロードホテル山楽)開業支援 3月より、ハイアットリージェンシー那覇 沖縄 副総料理長就任
2019年同グループ リーガロイヤルグラン沖縄 総料理長就任
総料理長 木村 健太

ファインダイニングとは、料理50、サービス50で成り立ちます。どちらか一方だけ突出していてもダメ。我々は日々切磋琢磨して、料理とサービス両方の向上に取り組んでいます。

ローストビーフにかける思いを教えてください。

ローストビーフという料理は実にシンプルで、それでいてとても奥の深い料理法だと思っています。肝心なことは食材選びです。良い肉だからこそ旨味が増すんです。塩コショウで下ごしらえをして、ゆっくりと焼き上げて、一度休ませて、また焼き上げて…じっくりと時間をかけて調理をしています。切った瞬間、思い通りのロゼ色の断面を見るとこれまでの緊張感から解放されます。ロゼ色の肉は、ゆっくりと火を入れることによって赤身の旨味と脂の旨味が閉じ込められている証拠。我々Dining19の自慢の厚みのあるローストビーフ。音や香り、切った感覚など調理人の五感をフルに研ぎ澄まし、最高の瞬間を逃さぬように常に心がけています。

  • ローストビーフにかける思いとは?
  • ローストビーフにかける思いとは?

リーガのローストビーフのおススメの食べ方を教えてください。

まずはシンプルにお肉だけで召し上がっていただき、そのあと少しソースを付けてもう一口。そして、味の変化を味わって頂けるように4種のコンディメントも用意しておりますので、アクセントに是非お試しください。
きっと私たちのメインディッシュを気に入っていただけると思います。

  • リーガのローストビーフの美味しい食べ方とは?

自慢のコンディメントは、粒マスタード、レフォール(西洋わさび)、わさび、ベアルネーズ(フランスの伝統的なステーキソース)をご用意しています。

Service心ときめくリーガのサービス。
‟Dining19”のサービスは
ここがスペシャル!

貴女だけに特別な料理を
お届けするワゴンサービス

レストランを通るワゴンの上には、ローストビーフに合う数種類の付け合わせが・・見ているだけでも食欲をそそります。スタッフが一品一品丁寧にご説明。
大切にしているのはお客様とのコミュニケーション。お客様との会話の中で生まれる心に残るサービスと料理をお届けしています。
※ワゴンサービスはカジュアルコースのみご提供しております。

ワゴンサービス
ワゴンサービス
ワゴンサービス
ワゴンサービス
ワゴンサービス
ワゴンサービス

特別な時間は洗練された
スタッフサービスとともに生まれる

スタッフのサービスに自信を持っているからこそできるコース料理。アミューズから始まり、メインのローストビーフ、
最後のデザートまで丁寧にお客様のもとへお届けいたします。美味しい料理と上質な空間、最上級のサービスが重なり合ってできる特別なディナータイム。
リーガが誇る洗練されたレストランサービスを一度味わってみてください。

スタッフサービス
スタッフサービス
スタッフサービス
スタッフサービス
スタッフサービス
スタッフサービス
スタッフサービス
  • ソムリエ 山内昌宗

レストランマネージャー兼ソムリエ 
山内 昌宗 
Sommelier Masamune Yamauchi

プロフィール

沖縄県那覇市出身。県内外のホテルで経験を積み、
2012年リーガロイヤルグラン沖縄オープニングスタッフとして入社
2013年ソムリエの資格を取得
2018年料飲サービスアシスタントマネージャーに昇格
2020年料飲サービスマネージャーに昇格
特に好きなワインはフランスブルゴーニュ産の赤ワイン。
繊細に作られたワインの中からお気に入りを選ぶ事が好き。

一流ホテルのサービスとはどのようなことだと思いますか?

ホテルをご利用されるお客様は、それぞれ求めていることが違うと考えています。その中でお客様のニーズをくみ取り、お応えし、お客様の期待値を超えるサービスを提供することが一流ホテルのサービスだと考えています。

  • 一流ホテルのレストランサービスとは?

普段心掛けているサービスを教えてください。

何よりも、数あるレストランの中からDining19をお選びいただき、そして、いらっしゃってくださったお客様が、お食事とDining19で過ごすお時間を楽しんでいただきたい。そのために、何が出来るのかを常に考えてサービスをご提供しております。

  • 普段心掛けているサービスは?

Sommelier料理に特別な魔法をかける
リーガのソムリエ
"Dining19"のソムリエは
ここがスペシャル!

コース料理に華を添える7人のソムリエたち

料理をより美味しく召し上がるために、リーガではワインにもとことん拘っています。Dining19では、なんとソムリエを7名揃えています。
1つのレストランに所属するソムリエの数は県内の数あるホテルの中でもトップクラスと言えるでしょう。
料理とワインのことなら何でもお応えいたします。ぜひリーガが誇るソムリエたちにご相談ください。

コース料理に華を添える7人のソムリエたち
コース料理に華を添える7人のソムリエたち
コース料理に華を添える7人のソムリエたち
コース料理に華を添える7人のソムリエたち
コース料理に華を添える7人のソムリエたち
コース料理に華を添える7人のソムリエたち
コース料理に華を添える7人のソムリエたち

Dining19のソムリエについて教えてください。

現在Dining19には7名のソムリエが在籍しております。この数は一つの那覇市内のレストランでも多い方だと思います。お客様のディナーが快適でご満足いただける様に努めております。そして、シェフが自信を込めた一皿一皿に私たちソムリエも7人の個性を生かしながらお客様にワインとのペアリングをご提案させていただいております。

  • Dining19のソムリエについて教えてください。

ワインと料理をもっと美味しくもっと楽しく「ワインペアリング」

リーガのソムリエがもっとも大切にしていること。それは、お客様お一人お一人がDining19で料理を美味しく楽しんでもらうこと。それぞれの料理に合ったワインをお客様のお好みに合わせてソムリエがご提案します。ワインと料理のハーモニー。ワインペアリングは、料理の個性、ワインの個性をそれぞれ引き立てその美味しさは∞。難しいと思われがちなワインですが、リーガのソムリエたちが解決します。

  • ワインと料理をもっと美味しくもっと楽しく「ワインペアリング」
  • ワインと料理をもっと美味しくもっと楽しく「ワインペアリング」
  • ワインと料理をもっと美味しくもっと楽しく「ワインペアリング」

Dining19お薦めのイベントはありますでしょうか?

Dining19では定期的にワインの生産者を招いてメーカーズディナーを開催しております。木村総料理長の手掛ける料理とワインとのマリアージュ、ここでしか味わえない料理の数々。このスペシャルディナーを是非皆様にも味わっていただきたいと思っています。

  • Dining19お薦めのイベントはありますでしょうか?

Recommend Wineこだわりのワイン

リーガのソムリエが選ぶ
ローストビーフに合う
ワインセレクション

シェフが自信を込めて提供するローストビーフ、これに私たちソムリエも負けないようにさらにローストビーフを引き立たせるような
ワインを提案させていただいております。ぜひ、ローストビーフと一緒にご堪能ください。

★椀子オムニス/シャトー・メルシャン/日本、長野県
2015 MARIKO Omnis/Chateau Mercian/Japan,Nagano

日本最高品質のワイン造りを目指すメルシャン自社管理畑「椀子ヴィンヤード」そのポテンシャルを最大限表現した1本。希少価値が高く、サミットや天皇陛下即位の礼の後の宮中晩餐会「饗宴の儀」でも各国主賓に振る舞われた日本代表クラスのワイン。しっかりとした味わいで繊細かつ重厚感がローストビーフにぴったりの1本アンガス牛の旨みを思うがまま楽しめます。

  • ★椀子オムニス/シャトー・メルシャン
  • ★椀子オムニス/シャトー・メルシャン

★ディアマン ロゼ ブリュット/フランス、シャンパーニュ
N.V. Diamant Rose Brut/France、A.O.C. Champagne

摘みたての赤い果実を想わせる華やかでピュアな香り、なめらかで温かい質感に長く続く余韻が続きます。シャンパンというと前菜と一緒にというイメージがありますが、赤ブドウも含まれているため、メインのローストビーフまで楽しめるおススメのシャンパンです。総料理長の手掛けるコース料理の前菜からお肉まで、全てに合う味わいでお肉の旨味を存分に味わえます。

  • ★ディアマン ロゼ ブリュット
  • ★ディアマン ロゼ ブリュット

★ストーンヘッジ メリタージュ・リザーブ・ナパ・ヴァレー 
No.614 2014 (アメリカ、カリフォルニア州)
STONEHEDGE MERITAGE RESERVE NAPA VALLEY No.614 2014

ナパの実力は藏元ストーンヘッジで造り上げられた特注プレミアワイン。樽のロットナンバーが商品名となっています。
ブラックベリーのような豊かな果実味に、心地良い渋みと樽の香りが溶け込んだ、複雑な味わい。力強くも、上品さも兼ね備えた1本。

  • ★ストーンヘッジ メリタージュ・リザーブ・ナパ・ヴァレー
  • ★ストーンヘッジ メリタージュ・リザーブ・ナパ・ヴァレー

その他のお勧めワイン

★ムルソー/ジョセフ・ドルーアン / フランス, ブルゴーニュ
2016 Meursault / Joseph Drouhin / France, A.O.C. Meursault

輝く黄金色、香り高く、いかなるシャルドネとも違う溢れ出すような洗練した味わい。しっかりとした果実味にミネラル感があり表情豊かです。クリーミーで厚みのある芳醇さはローストビーフにも合う1本。

The Roast Beef月に一度はリーガのロービー

丹精込めて作り上げたローストビーフを貴女だけに。ディナーは、コース料理でエレガントに。
ランチではビュッフェ料理でカジュアルに。それがリーガ自慢のローストビーフ。

  • リーガのロービー
  • リーガのロービー
  • リーガのロービー
  • リーガのロービー
  • リーガのロービー
  • リーガのロービー
  • リーガのロービー
  • リーガのロービー

Dinner Timeディナー

ローストビーフは、贅沢に、
そしてエレガントに。

ディナーではローストビーフをコース料理でご提供。ローストビーフを気軽に楽しめる「カジュアルコース」は、5,500円。
その日の厳選素材で調理したアミューズとアンティパスト、旬の鮮魚を使った魚料理が加わった「スペシャルコース」(7,700円)はリーガの一番人気。
さらにスペシャルコースの上をいく「シェフのお任せコース」は、黒毛和牛を使った全7品の特別なコース。
14階から見渡す那覇の夜景に陶酔しながら、ローストビーフのコース料理とワインを嗜む。
そんなスタイルが楽しめるのはリーガでディナータイムを過ごす貴女の特権です。

リーガのロービー

スペシャルコースSpecial Course

カジュアルコースCasual Course

カジュアルコース

シェフのお任せコースSpecial Chef Course

シェフのお任せコース

ア ラ カルトA La Carte

ア ラ カルト
ア ラ カルト

レストラン予約

098-867-3331

Lunch Timeランチ

【ランチメニュー変更のお知らせ】

新型コロナウイルス感染拡大防止の取り組みとして、
現在ハーフビュッフェからコースメニューへ変更して提供致しております。

オシャレなオトナは、ローストビーフを
ランチに食べる。

カジュアルに楽しめる贅沢なランチ。ローストビーフの旨味を引き立てる自慢の80種類のビュッフェ料理がずらりと並びます。
メインのローストビーフには、ラタトゥイユ、ショートパスタ、ポテトグラタン、ほうれん草クリーム煮とキノコのソテーがリーガおススメの組み合わせ。
那覇市内を一望する高層階で過ごす特別なランチタイム。メイン料理でじっくりと、ビュッフェ料理でお好きなものをご自由にチョイス。
貴女だけのオリジナルフルコースが完成です。ランチタイムは貴女が主役です。ディナータイムでのご利用もお待ちしております。

  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ
  • リーガのランチブッフェ

ローストビーフに合うおススメのビュッフェメニュー

ローストビーフに合う
おススメのビュッフェメニュー

ラタトゥイユ

ラタトゥイユ

玉ねぎ、ナス、ズッキーニなどの新鮮な夏野菜をオリーブオイルで丁寧に炒め、プチトマトを入れてじっくりと煮込んだリーガ特製ラタトゥイユ。汁気がなくなるほどに煮込むからこそ、野菜の旨味が凝縮。ローストビーフの肉の旨味と相まって、口の中には両方の旨味が広がります。時間を惜しまず調理したリーガだからこそ楽しめる一品です。

日替わりショートパスタ

日替わりショートパスタ

ランチビュッフェでは、気軽に食べられる日替わりのショートパスタをご用意。本来、肉との相性が良いショートパスタは、当然ローストビーフとも相性抜群。ソースがしっかりと絡みあったパスタは、肉の旨味を閉じ込めたリーガのロービーの美味しさをさらに引き立てます。リピートされるお客様が同じ料理にあたらないよう考え抜いた日替わりメニューです。

ポテトグラタン

ポテトグラタン

ローストビーフの付け合わせと言えば、マッシュポテトが思い浮かびます。ローストビーフとポテトは相思相愛。ポテトグラタンもローストビーフの旨味をしっかりとサポート。お腹の空き具合にまだ余裕がある方におススメの料理です。

ほうれん草のクリーム煮&キノコのソテー

ほうれん草のクリーム煮&キノコのソテー

ローストビーフの付け合わせのマッシュポテトとの相性もバツグン。クリーミーで味わい深いほうれん草が肉の旨味と絡み合う瞬間が最高。しめじ、エリンギ、エノキ、すぎたけ、マッシュルームと、生きのこを使った、まさにキノコ尽くし。塩コショウで味付けをしオリーブオイルでソテーしたシンプルな味付けだからこそ、きのこの旨味が口いっぱいに広がることを実感します。

ローストビーフ ハーフビュッフェ

ローストビーフ ランチLunch Buffet


サンデーブランチ

サンデーブランチSunday Brunch


レストラン予約

098-867-3331